施工管理(土木)

地域社会のインフラと呼ばれている水道や道路、橋をつくり、
また修繕するといった公共工事が中心です。

築堤工事も多く、特に銚子市では利根川沿いで堤防のない箇所がまだまだあり、これからもそういった工事の受注が増えることは必至。
総じて、地域の安全を担保する、社会的にも意義のある仕事です。

大勝建設の仕事の特長

伝統と実績に基づく長年のノウハウによる信頼が、当社の何よりの財産です。

その信頼に応え続けるべく、見えない細部にまで充分な配慮を敷き詰め、万全の施工を実践しています。

安全管理を徹底し、品質とスピードを兼ね備える形で「安全に現場を終わらせること」が、何より大勝建設らしさだと自負できる特長です。

苦労とやりがい

専門性の高い分野ですから、覚えることも多く、品質、納期、安全面など、多岐に渡ります。一人前になるまで、大変なことはたくさんありますが、その分、やりがいも大きいのです。

成長していくのに伴って責任も増える分、大きな仕事ができるようになり、待遇も、そして社会貢献の度合いも目に見えて大きくなります。

キャリアアップの道

先輩に助けられながら、段々と現場の仕事に慣れていきます。現場で経験値を上げながら、同時に目指すのは資格の取得。

取得すると、現場代理人、主任技術者、管理技術者などの立場で現場に携われるようになります。土木施工管理技士(2級、1級)以外にも、取得すべき多くの資格が存在。

頑張れば頑張るだけ、スキルアップが望める業界です。

スマホ向け表示