施工管理(建築)

建築における施工管理は、工事現場の工程の管理、それ以外にも
安全管理や原価管理など全ての面で、工事そのものを最初から最後までを管理する仕事です。

大勝建設の仕事の特長

打ち合わせを入念に行ない、お客様がお求めになられる点をしっかり汲み取るのが、当社ならではの特長です。

現場で頑張ってくれる職人さんとも綿密なコミュニケーションをはかることで、現場を円滑に動かしていく。

そのためにも朝礼や休憩の時など、作業時間以外でも、積極的に声をかけたり、表情から健康状態を読み取るなど、注意を払って行動します。

苦労とやりがい

進行によっては危険も付きまとう業務です。安全管理を重要視し、職人さんの身を守ることに尽力します。

同時に納期もありますから、作業を滞らせないことも常に意識。安全でスムーズに進むことがいちばんです。

具体的に昨年は台風で工期の変更が多かったですが、逆に管理する人間、会社の腕の見せどころ。最適な調整で冷静に対処します。

キャリアアップの道

まず最初の1年は直属の先輩に付いて、現場での業務内容、用いる道具等、全ての面を一から学んでいきます。

2年目以降は、現場を任され、現場の方々や会社の先輩たちにアドバイスをもらいながら経験を積んでいくのです。

建築施工管理技士の2級から1級、その他様々、必要な資格の取得もキャリアアップには欠かせません。
携われる現場の規模も変わってきますので、資格も非常に重要になります。

スマホ向け表示