地主やマンションオーナーに聞きました。

安全な資産運用を追求

高齢化社会の本格到来が叫ばれますが、それだけに定年後の人生設計を安定させたいという理由でマンション経営を始める方も少なくありません。
その点、土地所有者にとってマンション経営は融資面での自治体のバックアップも多く、安全性の高い事業といえます。


身内のもめごとの解消

”相続にかかわる身内のゴタゴタ”・・・・・。
土地所有者にとっては、これほど悲しいことはありません。
その点、今ある土地をマンションにしておけば、相続税や贈与税を軽減できます。
さらには、自宅併用型や共同経営にしておけば、多くのもめごとが解消できます。

恒久的ビジネスとして

”ヒト・モノ・カネ・情報”が経営資源の4大要素といわれますが、土地所有者にとっては、それこそが重要なビジネス武器となります。
特に賃貸住宅市場においては、良質な物件が依然として高い稼働率を示しており、半永久的なビジネスが営めます。

土地転用から土地活用へ

アパート”でも”とか、駐車場に”しか”と安易な発想の土地転用から脱却。その意味でも、賃貸マンション経営は魅力あふれるビジネスです。

我が国の税制度は、土地の有効活用を積極的に推進しています。それだけに遊休地が高く課税される反面、マンション経営では固定資産税・所有税・相続税・贈与税ともに、断然有利な節税が図れます。

節税対策が目的



クリック


お問い合わせ先