固定資産税対策

遊休地にマンションを建てると、土地の固定資産税は6分の1、建物に対する固定資産税も5年間は2分に1に軽減されます。
駐車場などへの転用よりはるかに有利な固定資産税の節税となります。

    不動産取引税対策

賃貸住宅一戸当たりの面積が35u以上200u未満のものについては、固定資産税評価額より一定学が軽減されます。
略式計算式=(固定資産税評価額−戸数×1000万円)×3%

    所得税対策

賃貸マンション経営では、建物の減価償却、借入金の金利、管理維持費などが必要経費として認められ、実収入が黒字でも名目上の所得は赤字として見なされ、不動産所得税は課税されません。さらに経営者が給与所得者の場合には、給与所得からマンション経営の経費分が差し引きかれ、所得税が軽減されます。

5億円の評価額の土地にマンション経営による相続税対策を講じた場合、評価学の軽減効果は、なんと50%近くまで引き下げられます。

相続税の節税

ケース
相続税対策を何も
行われなかった場合
相続税対策後3年を
経過した場合
土 地
5億0000万円
4億1000万円
建 物
0万円
1億4700万円
債務控除
0万円
▲3億0000万円
合計
@5億0000万円
A2億5700万円

●節税の事例
●面積/1,000u●建物/地上4階建て、賃貸マンション1棟(RC造、25戸ファミリー向け)
●相続税路線価/50万円/u(借地権割合70%、借家権割合30%)
●相続税路線価/50万円×1000u=5億0000万円
●建築費/3億0000万円(固定資産税評価額は、建築費の70%と仮定)
●建築に係わる借入金/3億0000万円(全額借入)

100%
(5億0000万円)

(軽減率)
48.6%
(2億4300万円)
51.4%
(2億5700万円)



施工例紹介

戻る